ここから本文です

【動画】 二十四節気 大暑 気温は西高東低(22日7時更新)

ウェザーマップ 7月22日(金)6時45分配信

ウェザーマップ

 きょうは二十四節気の一つ「大暑」です。暦の上では一年で最も暑くなる頃ですが、関東では涼しくなりそうです。北陸や東海から西の地域では厳しい暑さが続くでしょう。

 関東では日中も気温の上がり方が鈍く、東京の予想最高気温は5月下旬並みの24℃です。札幌は27℃、秋田は28℃、仙台は25℃まで上がる見込みです。北陸や東海から西の地域では、30℃を超えて真夏日になる所が多いでしょう。

 きょうも、オホーツク海高気圧の縁を回って涼しく湿った空気が入る関東では、雲が広がりやすいでしょう。午前中は弱い雨が続く見込みです。昼過ぎになると、雨は止む所が多いですが、神奈川など南部ほど降りやすいでしょう。
東海・甲信でも雲が広がりそうです。夕方にかけては、晴れる西日本でも山沿いを中心に、にわか雨に気を付けてください。

 来週にかけても、西日本では最高気温が30℃以上の真夏の暑さが続きそうです。一方、関東では、少しずつ気温は上昇していきますが、30℃を下回る日が多いでしょう。(気象予報士・片山美紀)

最終更新:7月22日(金)6時45分

ウェザーマップ

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。