ここから本文です

釣り情報【舞鶴白杉】豆アジ狙いの人多く、時折小さいヒラメ

両丹日日新聞 7月22日(金)12時3分配信

 舞鶴の白杉へ出かけた。6月初旬に回っていたサヨリは姿を消し、梅雨の晴れ間が広がった16日には、いまがシーズンの豆アジ釣りでにぎわっていた。

 海は、雨で川の水が大量に流れ込んで薄茶色に濁っていた。堤防上にいるのは家族連れら30人ほどで、そのほとんどがアジ狙いだった。

 駐車場の管理人も「豆アジしか釣れず、時折そのアジを生き餌に小型のヒラメが上がっています」と話す。堤防上を歩いてみても体長7センチ前後の豆アジが時折釣れる程度だった。

 管理人は「豆アジも、例年だともっと釣れるはずですが、最近は少なめです。サヨリも釣れない。サゴシ(サワラ)がよく釣れた年もありましたがそれもない。今年はイルカが近辺に現れ、ここにも姿を見せました。そのせいもあるでしょう」と話していた。

週末の舞鶴湾の潮位

 【23日】満潮=5時8分(39センチ)15時58分(46センチ)▽干潮=10時7分(32センチ)23時33分(19センチ)
 【24日】満潮=5時45分(39センチ)16時54分(45センチ)▽干潮=11時18分(31センチ)

両丹日日新聞社

最終更新:7月22日(金)12時3分

両丹日日新聞