ここから本文です

2016年度日本ラグビー協会公認レフリー A2級、女子A級制度新設

ラグビーリパブリック(ラグビーマガジン) 7/22(金) 18:00配信

 日本ラグビー協会は7月20日に開催した理事会において、2016年度の日本ラグビー協会公認レフリー(A級、A1級、A2級、女子A級)を決定したと発表した。A2級および女子A級レフリー制度は、日本ラグビー協会公認レフリーとして2016年9月から新設される。

金メダリストから教わった。サクラセブンズ・冨田真紀子、決意表明。

 A2級については、これまでおこなわれていた3地域ラグビー協会公認B級トップレフリーに認定していたA2カテゴリーを廃止し、日本ラグビー協会公認A2級に昇格させた。これにより、3地域ラグビー協会主催試合以外にも、日本ラグビー協会主催試合のレフリーが担当できるようになる。
 女子A級については、日本の女子レフリーが世界において認知され、評価を高めていくことを目的に、2016年9月から新たに設定することが決まった。


■2016年度日本ラグビー協会公認A級レフリー
▽6名(今年度昇格0名)
麻生彰久、大槻卓、久保修平、戸田京介、平林泰三、松岡辰也

■2016年度日本ラグビー協会公認A1級レフリー
▽15名(今年度昇格0名)
家近賀壽夫、小川朋弘、梶原晃久、加藤真也、川尻竜太郎、河野哲彦、塩崎公寿、清水塁、立川誠道、藤内有己、橋元教明、町田裕一、真継丈友紀、松本剛、吉浦忠孝

■2016年度日本ラグビー協会公認A2級レフリー(新設)
▽5名(今年度認定5名)
石井克彦、木村陽介、関谷惇大、辻原潤一郎、松丸力

■2016年度日本ラグビー協会公認女子A級レフリー(新設)
▽2名(今年度認定2名)
川崎桜子、高橋真弓

(五十音順・敬称略)

最終更新:7/22(金) 18:00

ラグビーリパブリック(ラグビーマガジン)

なぜ今? 首相主導の働き方改革