ここから本文です

ヤマハAVENTAGE第6世代が3モデル揃って誕生。 RX-A3060はオブジェクトと、シネマDSPの掛け合せが可能に

Stereo Sound ONLINE 7/22(金) 18:30配信

テイストの異なる3モデルを、8下旬から順次発売

 ヤマハの一体型AVアンプ(AVセンター)、AVENTAGEシリーズの2016年モデルが発表された。

 トップモデルの「RX-A3060」(¥270,000、税別)、「RX-A2060」(¥200,000、税別)、「RX-A1060」(¥140,000、税別)という3モデル構成で、発売はRX-A3060が9月上旬、RX-A2060/A1060が8月下旬を予定している。

 各モデルとも昨年の“50シリーズ“をベースに機能進化を果たし、工場出荷時からドルビーアトモスとDTS:Xというふたつのオブジェクトオーディオのデコードに対応している。

 さらにトップモデルのRX-A3060は、昨年のセパレートモデルCX-A5100のみの対応だったオブジェクトオーディオとシネマDSP HD3(キュービック)との掛け合わせが可能になった点も特徴だ。

 シネマDSPについては、今年誕生30周年を迎えたことを記念し、新たに「Enhanced」というプログラムも追加されている。

 このプログラムは、フロントプレゼンスの音場が従来は前方ひとまとめだったのに対し、L/Rのステレオで処理している。DSP処理能力の関係でサラウンドバック音場はサラウンドに統合されるが、フロントL/RとサラウンドL/R音場がプレゼンを含めてセパレート化されることで、移動感の再現性に優れた違和感のないつながりが実現できるという。

トップモデル、RX-A3060の進化点

 RX-A3060は先述した通り、昨年のRX-A3050をベースにしており、HTDP2.2や4K/60p、BT.2020といったスペックに対応済みだ。また搭載しているDACチップもESSのSABRE32 ES9016とES9006Aを各1搭載する。

 進化点としては、新しい大容量のDSPデバイスを3基採用することで、オブジェクトオーディオとシネマDSPの掛け合わせ再生を可能にした。加えて自動音場補正機能のYPAO(ヤマハ・パラメトリック・ルーム・アコースティック・オプティマイザー)プレシジョンEQの演算精度が64ビットに進化している。

 これは昨年CX-A5100で採用され、音場のS/N改善等で大きな効果があったものだ。RX-A3060では64ビットで音場補正処理を行った後、DACに24ビットデータで受け渡しており、この点がCX-A5100とは少し異なるが(CX-A5100は32ビット伝送)、演算精度の向上からくる音場再現性の改善には期待ができそうだ。

 さらにCX-A5100から受け継いだ機能として、ジッター除去特性を選べる「ウルトラロージッターPLL」の切り替えも可能になっている。DACチップの手前にクロック制御回路を追加しており、初期値の「レベル1」から「レベル2/3」とレベルを上げていくことで、ジッター除去性能が向上する。

 ただし当然ながらレベルを上げるとジッターが多い信号ではノイズが発生することがあるので、ソースに応じて使いこなしてみるといいだろう。この回路をバイパスする「オフ」も搭載されている。

 その他ハイレゾ関係については3モデルとも、192kHz/24ビットのWAV/FLAC/AIFF、96kHz/24ビットのALAC、2.8/5.6MHzのDSDがUSBとネットワークそれぞれから再生できる(2chのみ)。なお今回からDSDのダイレクト再生に対応している。

1/2ページ

最終更新:7/22(金) 18:30

Stereo Sound ONLINE