ここから本文です

中村礼子コーチが教える!親子で一緒に水泳教室 ~クロール~

ベネッセ 教育情報サイト 7/22(金) 14:00配信

水泳は子どもから大人まで、幅広い年代が楽しめるスポーツです。「水に入るのが苦手」というお子さまも、練習のコツさえつかめば、しだいに泳ぐのが好きになって、水泳が得意になるでしょう。そこで、親子で一緒に練習できて、水泳が楽しくなる、とっておきの方法をご紹介します。
教えてくれるのは、東京スイミングセンターの中村礼子コーチ。競泳女子200メートル背泳ぎで、アテネオリンピック、北京オリンピックの2大会連続銅メダルを獲得。現在は水泳の指導者として活躍しています。

ビート板を使ってバタ足

水に慣れたら、実際に泳いでみましょう。最初の練習はクロールです。
クロールは、両手で交互に水をかいて、バタ足で進む泳ぎ方です。水中を進む基本であるバタ足に、手で水をかき分ける動きが加わるため、とても速く泳ぐことができます。クロールで呼吸する時、あごが上がって前を向いてしまうと、正しい姿勢が崩れてしまいます。

それでは、クロールが苦手な人でもできるようになる、とっておきの方法をお教えしましょう。

最初は、ビート板を使ってのバタ足から練習しましょう。両手をそろえてビート板の上に置き、顔を水に付け、壁を蹴って、けのびをします。足の付け根から動かすことを意識して、バタ足を始めます。

サイドキックでバタ足

続いて、サイドキックでバタ足の練習です。ビート板に右手を乗せ、伸ばした腕に耳を付けて頭を寝かせます。体は横向きのまま、バタ足で水を蹴りましょう。腕から足の先までが一直線になるようにします。このサイドキックは、クロールで息継ぎをする時の姿勢につながります。

頭を起こしたり、伸ばした腕が曲がってしまったりすると、うまく前に進めません。腕は、進む方向へまっすぐに。正しい姿勢で息継ぎができるようになると、クロールの上達も、もうすぐです。

立った状態でストローク

腕の使い方を確認しましょう。水をかく腕の動きを「ストローク」といいます。

最初は立ったまま、両手を前にそろえた状態でスタート。自分のおなかに向かって水をかき、体の後ろに手を回していきます。腕を前に戻す時は、頭の上を通して、半円を描くように持っていきましょう。

次は、この動きに息継ぎを加えてみましょう。顔を水面に向けて、息継ぎをする側の腕を後ろに持っていきます。手が胸のあたりに来たところで体を横向きにして、ここで息継ぎをします。水から出た腕を前に戻すのに合わせて、顔を水面に戻しましょう。ここで大切なのは、腕をまっすぐ伸ばして大きく回すこと。水をかく手が、おなかのあたりに来たところで息継ぎをするのがポイントです。

腕が思っているのとは違う方向へ回りそうな時は、保護者のかたが軽く腕を握って、回転をサポートしてあげましょう。

1/2ページ

最終更新:7/22(金) 14:00

ベネッセ 教育情報サイト