ここから本文です

【MLB】イチロー第5打席に右前打で18度目マルチ 2996安打で3000本まで「4」

Full-Count 7月22日(金)8時41分配信

第5打席は右翼へのクリーンヒットでカウントダウン進める

 マーリンズのイチロー外野手が21日(日本時間22日)、敵地でのフィリーズ戦に「1番・ライト」で4試合ぶりに先発出場し、今季18度目のマルチ安打を記録した。快足を生かした第2打席の遊撃内野安打に続き、第5打席で右前打。これでメジャー通算は2996安打となり、3000安打まで残り「4」と迫った。史上30人目の金字塔まで順調にカウントダウンを進めている。

MLBの歴史に残るイチローの安打と盗塁数…MLB歴代通算安打&盗塁数ベスト50

 スタントンに休養が与えられたこの日は、右翼で先発出場した。4試合ぶりのヒットが飛び出したのは第2打席。同点で迎えた3回2死走者なしの場面、フィリーズ先発アイクホフの4球目チェンジアップを振ると、打球は投手脇を抜けた。遊撃手が捕球して一塁へ送球したが、イチローの快足が勝った。

 2本目の安打は第5打席。7-2の5点リードで迎えた8回1死一塁。フィリーズ3番手スタンフの投じた3球目スライダーを一二塁間を破るきれいなライト前ヒットとすると、敵地ながら歓声が沸き上がった。この後、2死満塁となったところで、オズナのセンター前適時打で生還し、9点目のホームを踏んだ。

 チームは先発コーラーが8回2安打3失点の好投を披露。打線もこれに呼応して大量9点を奪い、9-3で快勝した。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:7月22日(金)11時8分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報