ここから本文です

兄弟対決は弟のジェラードが逆転で制してベスト4進出<男子テニス>

tennis365.net 7月22日(金)13時26分配信

ゼネラリ・オープン

男子テニスツアーのゼネラリ・オープン(オーストリア/キッツビュール、レッドクレー、ATP250)は21日、シングルス準々決勝が行われ、世界ランク107位のG・メルツァー(オーストリア)が実の兄であるJ・メルツァー(オーストリア)との兄弟対決を3-6, 6-3, 6-1の逆転で制し、ベスト4進出を果たした。

ダニエル太郎 ティエムと練習

両者のツアー大会での対戦は今回が初めてだった。

この試合、3度のブレークを許して第1セットを落とした弟のジェラードだったが、第2セット以降はファーストサービスが入った時に69パーセントの確率でポイントを獲得してブレークを許さず、1時間43分で勝利した。

準決勝では、第4シードのP・ロレンジ(イタリア)と対戦する。

敗れた35歳のユルゲンは左肩の故障で長期間ツアーから離れており、今大会がツアー大会復帰戦だった。今大会は1回戦でダニエル太郎(日本)、2回戦では第1シードのD・ティエム(オーストリア)を破り、準々決勝へ進出した。

また同日には、第6シードのD・ラヨビッチと世界ランク123位のN・バシラシヴィリ(グルジア)が勝利し、ベスト4が出揃った。

tennis365.net

最終更新:7月22日(金)13時26分

tennis365.net