ここから本文です

アウディのエントリーSUVモデル 新型「Q2」が欧州で受注開始!気になる日本導入は2017年頃予定!?

オートックワン 7/22(金) 17:38配信

独アウディは7月14日、今年3月に開催されたジュネーブモーターショー2016にて初公開した、新型コンパクトSUV『Q2』の受注を欧州市場にて開始した。

アウディ 新型Q2(画像107枚)

新型Q2は、「Q7」「Q5」「Q3」とラインアップを拡大してきたアウディのSUVファミリーのエントリーモデルにあたる。

ボディサイズは、全長4191×全幅1794×全高1508mmで、ホイールベースは2601mmと、Q3の全長4400×全幅1830×全高1595mmよりも一回り小さい。国産競合車種では、日産「ジューク」やマツダ「CX-3」などと同等の大きさの、コンパクトSUVモデルに分類される。

エクステリアでは、押しの強いスタイリングとなっている八角形の大型フロントグリルに、LEDのポジションライトを内蔵したヘッドライトを装備。フロントグリル下には、アンダーガード風ディフューザーを備えるほか、Cピラーのカラーオフセットブレード、コンパクトなスクエア形状となったテールライトなど、これまでのQシリーズとは異なる新しいデザインとなっている。 さらに、コンパクトSUVとして全高が低く抑えられており、車両後部にかけて低くなっていくデザインでスポーティさが強調されている。

インテリアは、ダッシュボードやステアリングホイールがA1と共通デザインで、MMIのコントローラーなどのセンターコンソール部分の基本レイアウトは、A3に準ずる。さらに、同社の上級車からインフォテインメントシステムや安全装備を継承し、オプションで「バーチャルコクピット」が選択できる。荷室容量は405リットルで、後席を倒せば1050リットルに拡大する。

エンジンラインアップは、ガソリン3機種、ディーゼル3機種の合計6タイプ(日本導入予定モデルは1.0TFSIと1.4TFSIのガソリンエンジン)を用意。

ガソリンエンジンは、最高出力85kW(116ps)を発生する直列3気筒の1.0 TFSIと 、最高出力110kW(150ps)の気筒休止システム(COD)を備えた直列4気筒 1.4 TFSIと、最高出力140kW(190ps)を発生する直列4気筒 2.0 TFSIの3種類。

ディーゼルエンジンは、最高出力85kW(116ps)の直列4気筒1.6 TDI 、最高出力110kW(150ps)、最高出力140kW(190ps)の2.0 TDIの3種類で、組み合わされるトランスミッションは、6段マニュアルまたは7段のSトロニック(デュアルクラッチ トランスミッション)。

 

欧州では今秋からデリバリー開始する。ドイツでのベース価格は、2万4900ユーロ(約292万円)。日本へ導入時期は、2017年予定。

最終更新:7/22(金) 17:38

オートックワン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。