ここから本文です

「京急リラッ久里浜駅」8月登場 9月にはリラックマトレイン企画も

乗りものニュース 7月22日(金)15時55分配信

先着でグッズプレゼントも実施

 京急電鉄と、文具の製造販売やキャラクターの商品開発などを手掛けるサンエックスは2016年7月22日(金)、京急電車とキャラクター「リラックマ」がコラボした企画を今年8月から9月にかけて実施すると発表しました。

 京急久里浜駅(神奈川県横須賀市)では、東口の屋外駅名看板が「京急リラッ久里浜駅」仕様になるほか、ホーム上も“リラックマ一色”に装飾されます。実施期間は8月10日(水)から9月30日(金)までです。

 この期間中、企画乗車券の「三浦半島1DAYきっぷ」や「三浦半島2DAYきっぷ」を使って京急久里浜駅の有人改札窓口に行くと、先着5000人にオリジナルデザインのパスケースがプレゼントされます。

 また、8月1日(月)から9月30日(金)までの期間には「京急リラックマトレイン」が運行されます。1000形電車1編成(8両)の外装を「リラックマ」でラッピングするもので、車内も広告がすべて「リラックマ」のポスターで埋められます。9月11日(日)にはこの車両を使用した「特典いっぱい」という有料の貸切列車「京急×リラックマ ごゆるりおでかけ号」を品川~三浦海岸間で運転。8月10日(水)から先着順で募集が行われます。

 このほか、全国の「リラックマストア」や「LOFT」横浜店(横浜市西区)などでは「リラックマ×京急電車コラボグッズ」を発売。横浜駅構内にあるスイーツ店「スイーツカレンダー」横浜店では、コラボを記念したマカロンやチーズケーキの販売も実施されます。

乗りものニュース編集部

最終更新:7月22日(金)16時15分

乗りものニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]