ここから本文です

尾崎・青山組が第3シードを破って決勝へ進出<女子テニス>

tennis365.net 7月22日(金)13時58分配信

ゼネラリ・オープン

女子テニスのシティ・オープン(アメリカ/ワシントン、ハード、WTAインターナショナル)は21日、ダブルス準決勝が行われ、尾崎里紗(日本)/ 青山修子(日本)組が第3シードのN・メリチャー(アメリカ)/ S・シリン(中国)組を6-4, 5-7, [10-5]のフルセットで下し、決勝進出を果たした。

この試合、第1セットを先取した尾崎/ 青山組は第2セットを取られ、セットカウント1-1とするも、ファイナルセットの10ポイント先取のタイブレークでは、相手のセカンドサービス時に100パーセントの確率でポイントを獲得するなどで、1時間28分で勝利した。

決勝では、第1シードのG・ダブロウスキー(カナダ)/ Z・ヤン(中国)組とM・ニクルスク(ルーマニア)/ Y・ウィックマイヤー(ベルギー)組の勝者と対戦する。

また、尾崎は同日のシングルス2回戦で世界ランク84位のN・ブローディ(英国)を下してツアー初のベスト8進出を決めている。

tennis365.net

最終更新:7月22日(金)14時53分

tennis365.net