ここから本文です

“東国原砲”が来た!? 淫行報道の鳥越氏に「僕が聞いている女性スキャンダルと違う」

トレンドニュース(GYAO) 7月22日(金)18時47分配信

元宮崎県知事でタレントの東国原英夫氏が、東京都知事選に出馬しているジャーナリストの鳥越俊太郎氏について、『週刊文春』による報道以外にも女性スキャンダルがあることをにおわせた。

7月21日発売の『週刊文春』は、鳥越氏が当時20歳だった女子大学生に強引に関係を迫ったと報じた。

東国原氏は7月22日にTwitterで、自身が8日放送のフジテレビ系「バイキング」で「都知事選に鳥越氏が出ると思う」と発言した際に、後ろの席にいた女優の高木美保から「鳥越氏は女性スキャンダルがあるので出れないのでは?」と小声で指摘されたことを明かす。東国原氏は高木に「もちろん、そのうわさは聞いている」と返したそうだが、「僕が聞いている女性スキャンダルは、今回の『文春』の記事とは違う内容である」と爆弾発言を投下した。

「恐らく、高木氏も僕が聞いている女性スキャンダルと同じ内容の事を聞いているのかもしれない。もしかしたら、『文春』や他の週刊誌も知っているのかもしれない」とTwitterで続けている。

(文/原田美紗@HEW)

最終更新:7月22日(金)18時47分

トレンドニュース(GYAO)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。