ここから本文です

NMB48・みるきーラストMステでさや姉とのデュエット披露!KinKi 剛と水樹奈々の“同級生時代”エピソードも明かされる

E-TALENTBANK 7月22日(金)19時17分配信

今夜20時から放送されるテレビ朝日系「ミュージックステーション」に、8月に卒業を控えるNMB48の渡辺美優紀が卒業前の最後の出演を果たす。

NMB48は、「僕はいない」「今ならば」の2曲をメドレーでパフォーム。渡辺美優紀は、「僕はいない」ではセンターポジションを務め、「今ならば」では山本彩との“さやみるきー”でデュエットを披露する。この曲は、山本彩が作曲したもので、秋元康が渡辺と山本の関係をイメージして作詞したという歌詞にも注目が集まる。

また、1996年に公開された映画『スワロウテイル』に登場するバンド、YEN TOWN BANDが20年ぶり2回目の登場。最新曲の「EL」をテレビ初披露。絢香は、自信最大のヒット曲「三日月」を約10年ぶりにMステで歌唱する。

そして、アニメ界で人気を博す2人の歌姫も登場。人気声優でアニメソングの歌い手としても抜群の知名度を誇る水樹奈々は、自身が作詞を担当した、恋する人への応援ソング「STARTING NOW!」を披露。また、アニメファンを中心に人気を拡大している女性アーティストの藍井エイルは、「大切な人がいるからこそ自分自身は強く前を向いて歩いてゆける」というメッセージの最新曲「翼」を披露する。

西野カナは、まだ眠い朝に背中を押してくれるような一人暮らし応援ソング「Have a nice day」を、KinKi Kidsは、THE YELLOW MONKEYの吉井和哉が作詩作曲を手掛けた最新曲、『薔薇と太陽』をパフォーマンスする。
 
そして、KinKi Kids・堂本剛と水樹奈々は、堀越高校時代の同級生ということもあり、修学旅行のマル秘エピソードが明かされると言う。

最終更新:7月22日(金)19時17分

E-TALENTBANK

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。