ここから本文です

レアルから移籍? それとも残留? 恩師が明かすハメスの本音とは「彼と2人きりで話したけど……」

theWORLD(ザ・ワールド) 7月22日(金)12時40分配信

その才能に疑いの余地はないが……

今夏の去就に大きな注目が集まっているレアル・マドリードのMFハメス・ロドリゲスは、恩師に対しその本音を漏らしていたようだ。かつて彼が所属していたコロンビアのエンビガドを指揮するイスマエル・レスカルボ監督が、悩める“10番”の胸中を明かしている。

2014年にフランスリーグアンのモナコからレアルへ鳴り物入りで加入したハメスは、初年度こそ印象的なプレイで多くの観客を魅了していたものの、2年目は出場機会が一気に激減。ジネディーヌ・ジダン監督も同選手の不甲斐ない働きぶりに幻滅しているとされ、今夏の売却が有力視されている。マンチェスター・ユナイテッドやパリ・サンジェルマン、そしてチェルシーなどがコロンビア代表MFに関心を示しているものの、ハメスと夏に2人で話す機会があったというレスカルボ監督は、レアル残留を希望する同選手の本音を明かした。スペイン紙『MARCA』が伝えている。

「ハメスが我々のチームのゲームを観戦してくれて、試合後にドレッシングルームまで訪ねてくれた。そこで少し談笑したら、私に翌日のトレーニングに参加できないかと聞いてきたんだ。それからハメスと2人きりで話したけど、『早くマドリードに帰って、レアルでポジションを取り戻したい』と言っていたよ」

イスコやルカ・モドリッチ、ガレス・ベイル、そしてマテオ・コバチッチと、レアルの中盤から前線にかけてはここ数年にわたり人員過多の状態が続いている。コロンビア代表のエースですらも苦しむ熾烈なポジション争いがそこにはあるが、なんとか再び輝くハメスの勇姿を見せてほしいものだ。

http://www.theworldmagazine.jp

最終更新:7月22日(金)12時40分

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。