ここから本文です

セカオワFukase、韓国検索サイト急上昇ワード1位の知らせに「I'm so happy」。音楽番組出演で話題

E-TALENTBANK 7月22日(金)21時10分配信

21日放送のMnet「M COUNTDOWN」にSEKAI NO OWARIが出演したことが話題になっている。

韓国のケーブルチャンネル・Mnetが放送する「M COUNTDOWN」は世界13カ国以上で放映されている、アジア圏で人気のK-POPチャート番組。過去には倉木麻衣やKAT-TUNなどの日本人アーティストも出演している。番組でセカオワはスペシャルステージの扱いで、映画「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN」の主題歌「ANTI-HERO」をパフォーマンスした。

これに対し日本のファンからは「セカオワ、Mカウントダウン出たんや すごい」「Mカウントダウンにセカオワが出たらしいことに戸惑いを隠せない」「カッコ良すぎて鳥肌立ちました!!」と、多くの反響が寄せられていた。

また同番組に出演したことによって、SEKAI NO OWARIをハングル表記したワードが韓国最大のポータルサイトで検索急上昇ワード1位に急上昇したとファンからTwitterで知らされたボーカルのFukaseこと深瀬慧は、ファンのツイートを引用したうえで「I'm so happy」とつぶやき、喜びを表現していた。

SEKAI NO OWARIは23日に韓国の夏フェス「Jisan Valley Rock Festival 2016」の出演を控えている。彼らはValley Rock第2のステージ・GREEN STAGEのヘッドライナーとして、その名前がクレジットされている。

最終更新:7月22日(金)21時10分

E-TALENTBANK

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。