ここから本文です

エリザベス女王のドレスを集めた展覧会、英国

AFPBB News 7月22日(金)16時16分配信

(c)AFPBB News

【7月22日 AFP】英国の首都ロンドン(London)のバッキンガム宮殿(Buckingham Palace)で21日、エリザベス女王(Queen Elizabeth II)がこれまで公式行事などで着用した衣装や装飾品などを集めた展覧会「Fashioning a Reign:90 Years of Style from The Queen's Wardrobe」が、23日の開幕に先駆けて報道陣に公開された。

 展覧会では洗礼式で着用したガウンやウエディングドレス、さらには1953年の戴冠式で着用したドレスや今年90歳を迎えた女王の生誕祝賀行事で着用したシルクのドレスなど、女王の数々の衣装が展示される。

 エリザベス女王は明るくて大胆な色使いの衣装を好んで着ることでも有名だが、展覧会の企画者によるとそれゆえ彼女の姿は重要な場でも「簡単に目に留まる」のだという。開催は10月2日まで。(c)AFPBB News

最終更新:7月22日(金)16時16分

AFPBB News

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。