ここから本文です

エリザベス女王のドレスを集めた展覧会、英国

AFPBB News 7/22(金) 16:16配信

(c)AFPBB News

【7月22日 AFP】英国の首都ロンドン(London)のバッキンガム宮殿(Buckingham Palace)で21日、エリザベス女王(Queen Elizabeth II)がこれまで公式行事などで着用した衣装や装飾品などを集めた展覧会「Fashioning a Reign:90 Years of Style from The Queen's Wardrobe」が、23日の開幕に先駆けて報道陣に公開された。

 展覧会では洗礼式で着用したガウンやウエディングドレス、さらには1953年の戴冠式で着用したドレスや今年90歳を迎えた女王の生誕祝賀行事で着用したシルクのドレスなど、女王の数々の衣装が展示される。

 エリザベス女王は明るくて大胆な色使いの衣装を好んで着ることでも有名だが、展覧会の企画者によるとそれゆえ彼女の姿は重要な場でも「簡単に目に留まる」のだという。開催は10月2日まで。(c)AFPBB News

最終更新:7/22(金) 16:16

AFPBB News

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

318歳のホログラムが語るSF世界での愛の未来像
SF作家のモニカ・バーンは、人種、社会そしてジェンダーの型にはまらない登場人物たちが織り成す、豊かな世界を想像しています。このパフォーマンスにおいて、バーンはピラーという登場人物としてホログラムで登場し、人間が宇宙に移住した近未来から、愛と喪失の物語を過去の私たちに向けて発信します。「想像する未来と実際の姿の対比はいつだって面白いのです」とバーンは言います。