ここから本文です

元ポルト指揮官ロペテギ、スペイン代表監督に就任 「変革はしない」とデル・ボスケ路線継続を強調

theWORLD(ザ・ワールド) 7/22(金) 16:30配信

2018年ロシアW杯まで

RFEF(スペインサッカー連盟)は、フレン・ロペテギ監督がビセンテ・デル・ボスケ監督の後任として代表チームを指揮することを正式に発表した。2018年ロシアワールドカップまでの2年間のサインとなる。

ロペテギ監督は就任会見で「スペインサッカーがこれまで費やしてきたすべての良い部分を活かしていきたい。このチームに与えられた多くの素晴らしいものを無駄にしない。我々は過去の栄光を誇りに思うが、過去に生きていないで現在と未来を見ていく」とコメントした。スペイン『as』が伝えている。

そして「スペインサッカーにはまだ素晴らしい世代の選手たちがおり、次のチームでも良い結果を出せると確信している。彼らはハイクオリティで個性と野心に満ちている。再び世界中の人を魅了するスペインのサッカーを見せたい」とし、「代表チームのベースは明確にある。私はなにも変革することはないが、進化させていく」とデル・ボスケ監督のチームを踏襲すると強調した。

2014年ブラジルワールドカップとEURO2016で結果を残せなかったスペイン代表だが、U-21スペイン代表を率いて欧州選手権を制し、2016年1月までFCポルトで指揮をとったロペテギ監督のもとで復活を遂げるのだろうか。

http://www.theworldmagazine.jp

最終更新:7/22(金) 16:30

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合