ここから本文です

ハム栗山監督、2桁勝利の有原称賛 逆転Vへ“我慢”「必ずチャンス来る」

Full-Count 7/22(金) 23:27配信

大卒2年目で初の10勝目、「よく粘ってくれた」

 日本ハムの栗山英樹監督が22日、自身初の2桁勝利を挙げた有原航平投手を絶賛した。

日本ハム、過去10年のドラフト指名選手一覧

 有原は序盤から制球に苦しみながらも、粘り強い投球で7回6安打無失点。自身5連勝、大卒2年目で初の10勝目を挙げた。栗山監督は本調子でない中でチームを4連勝へ導いた右腕を褒めたたえた。

「よく粘ってくれた。ここからは勝てる試合は全て勝ちきらないといけない。この時期に2桁勝利を挙げることはいいことだけど、何より波に乗れなかったシーズン序盤から安定した投球を見せてくれている。感謝しています」

 打線は4回1死一、三塁でレアードの中前適時打で先制。リーグ2位の25本塁打を放つ長距離砲が見せた“軽打”に、栗山監督は賛辞を贈った。

ホークスとの差は縮まらず、「今は我慢の時期」

「日本で何をしないといけないのか。あの打席は、明らかにヒットを狙いにいっていた。状況を考えてプレーしてくれている。レアードの頭の中も、すごく前に進んでくれている。すごくうれしいこと」

 チームは2-0で今季13度目の完封勝ち。守り勝つ野球を掲げるチームには会心の白星となったが、首位・ソフトバンクとは4.5ゲーム差のままだ。

「今は我慢の時期。こちらの連勝がどうではなくて、上は負けない前提でやっている。1試合1試合食らいついて、差が開かないように。必ずチャンスが来ると思っている。これからも出来ることを必死になってやるだけ。続けることが大事」

 この日の有原の投球と同じように、粘り強くホークスの背中を追っていく。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:7/22(金) 23:27

Full-Count