ここから本文です

レスター優勝の影の立役者、エヴァートン行きが決定「とてつもない可能性にワクワク」

theWORLD(ザ・ワールド) 7/22(金) 18:00配信

レスターは大きな戦力を失う

エヴァートンがレスターのアシスタントマネージャーであるスティーブ・ウォルシュ氏をフットボールディレクターとして招くことを発表した。クラブの公式サイトが明かしている。

同氏はレスターでスカウト部門のトップも務めており、バーディやカンテ、マフレズらのタレントを発掘した人物としても知られている。レスター優勝の影の立役者とも呼ばれる同氏はエヴァートンで新たな挑戦をすることを選んだようだ。以下のようにコメントしている。

「このように素晴らしく歴史のあるクラブのディレクターになれて誇りに思う。新しい監督も来て、エヴァートンの新時代のように感じているし、とてつもない可能性にワクワクしている。ここで仕事するのが楽しみだよ」

また、新シーズンから指揮を執るロナルド・クーマン監督も「スティーブのように何年も自身の仕事のクオリティーの高さを証明してきた人物を招くのはクラブにとっていいことだ。彼は我々に経験やクオリティーをもたらすだろう。彼は長期的なチーム建設において素晴らしい知識を持っているし、レスターではトップクラスの仕事をした。エヴァートンでもそれを期待したいね」と話し、敏腕スカウトの活躍に期待している。

レスターにとってあまりに痛い“移籍”であるのと同時にエヴァートンにとっては何よりも大きい補強となった。今後エヴァートンの選手補強に注目が集まることだろう。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:7/22(金) 18:00

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]