ここから本文です

クロップが古巣の宿敵シャルケの躍進を確信「とてつもないポテンシャルを秘めている」

theWORLD(ザ・ワールド) 7月22日(金)19時20分配信

優秀なフロントがチームを変える?

リヴァプールを率いるユルゲン・クロップ監督はシャルケがブンデスリーガで躍進することになると予想している。

ドルトムントの指揮官に就任する前はマインツで新進気鋭の若手監督として注目を集めていたクロップ。そこで同監督の大きな力となっていたのが、当時マインツでマネージャーを務めていたクリスティアン・ハイデルだ。マインツを1部に定着させることに成功したハイデル氏は今季からシャルケでその手腕を振るう。そのため、クロップはシャルケがブンデスリーガ有数のクラブへと成長すると考えているようだ。独『Sport Bild』がコメントを伝えた。

「これをドルトムントのファンが聞いていないことを祈っている。これからシャルケは素晴らしい成功をつかみとる可能性がある。クリスティアンはとてつもないことをやってのける男だし、恐れているよ。ヴァインツィールという素晴らしい監督も連れてきたしね。ポテンシャルのある若手もいるし、大きな可能性を秘めている」

シャルケのユースはドイツでも優秀なことはよく知られており、そこにハイデルSDがやってきたことは間違いなく朗報だろう。今まで以上にシャルケが厄介なチームとなることをクロップは恐れているようだ。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:7月22日(金)19時20分

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。