ここから本文です

大涌谷の立ち入り26日再開 ロープウェイも全線運行へ

カナロコ by 神奈川新聞 7月22日(金)18時29分配信

 昨年4月に活発化した火山活動の影響で警戒区域が設定されていた箱根山(箱根町)の大涌谷への立ち入りが26日から、一部で認められることになった。町や事業者による火山ガスの安全対策が整ったためで、箱根ロープウェイも約1年3カ月ぶりに早雲山駅からの全線運行を再開する。

 22日に開かれた箱根山火山防災協議会幹事会後に記者会見した山口昇士町長は、新たに火口が形成された大涌谷について「新たな絶景スポットをお楽しみいただきたい」と述べ、箱根観光の本格的な復活に期待を込めた。

 立ち入りが再開されるのは、ロープウェイ大涌谷駅前の「箱根ジオミュージアム」や「大涌谷くろたまご館」などがある一帯。毎日午前9時から午後5時までで、夜間は閉鎖される。噴気がなお活発で火山ガスの濃度が高い自然研究路は引き続き立ち入り禁止となる。

最終更新:7月22日(金)18時29分

カナロコ by 神奈川新聞