ここから本文です

「シカゴ」宝塚OGバージョン、NYでも大盛況

Lmaga.jp 7月22日(金)20時0分配信

日本でも8月に予定されているブロードウェイミュージカル『シカゴ』宝塚歌劇OGバージョン。そのニューヨーク公演が7月20日(現地時間)にリンカーン・センター内の「デビット・H・コーク・シアター」で行われ、終演後にはスタンディングオベーションが巻き起こる大盛況の幕開けとなった。

「デビット・H・コーク・シアター」で行われた公演の様子

今公演は、夏の演劇の祭典として知られる『リンカーン・センター・フェスティバル』の一環として実現したもので、7月24日までの限定公演。初日にもかかわらず、2,500席が満員御礼状態となり、劇場の外ではチケットを求めて来場者に声をかけるアメリカ人の姿も見られたほど。

ミュージカル『シカゴ』は、マフィアが暗躍した1920年代のアメリカ・シカゴが舞台で、ブロードウェイ史上1位のロングラン記録を更新し続ける、現在20年目の大人気作品。今回の宝塚歌劇OGバージョンは、1996年よりブロードウェイでロングラン公演を続けているリバイバル・プロダクションと同じ製作陣による舞台というのが特徴で、2014年の日本公演の成功を受けて、今回のニューヨーク公演が実現した。

『リンカーン・センター・フェスティバル』で上演される海外の舞台作品は、文化交流の範囲で終わるケースが多いが、宝塚歌劇OGバージョンは、出演者が登場するたびに大きな拍手がわき、カーテンコールでは「ブラボー!」の掛け声とともに瞬時にオールスタンディングとなるほどの盛況ぶり。アントラクト(間奏曲)でのオーケストラの生演奏では手拍子が鳴り止まないほどで、来場したニューヨーカーは、「こんなシカゴは初めて見た。彼女たちの素晴らしいダンスや演技には驚いた」「本当にいい作品なので、もう一度見たいと思った」と大興奮気味。また、本編のカーテンコールの後には、宝塚歌劇の名曲の数々をちりばめた約20分のレビューも披露。渡米メンバー全員が総出演するサプライズ演出に、客席はさらに沸いた。

今回のように、同じ演目がブロードウェイでの公演と並行してニューヨーク市内で同時上演されるのは、極めて稀なケース。宝塚歌劇OGバージョンは、現地の演劇界にも大きな足跡を残すことになりそうだ。8月からは東京・東京国際フォーラム公演(8月10日~21日)、大阪・梅田芸術劇場公演(8月25日~31日)へと続くが、アメリカでの評判を受けてさらにチケット争奪戦が激化しそうだ。

最終更新:7月22日(金)20時0分

Lmaga.jp

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。