ここから本文です

電子センサーでトラックリミットを厳しく監視。ハンガリーの縁石が改修

オートスポーツweb 7月22日(金)7時26分配信

 今週末のハンガリーGPで、ドライバーたちがコーナーでコース外を使うことでタイムを稼ぐことを防ぐため、FIAはセンサーを使用して監視することを決めた。

2016年ハンガリーGP ターン4のランオフエリアに電子センサーが設置

 FIAはトラックリミット違反を厳しく取り締まる姿勢を維持しており、オーストリアでは縁石を変更、サスペンションのトラブルが相次いだ。イギリスGPでもドライバーたちのラインを厳しく監視し、多数のタイムが違反として抹消された。

 ハンガリーでは、一部コーナーにドライバーがコース外を利用したことを発見する電子モニタリングシステムが導入される。


 ターン4とターン11には新しい二重縁石が設置され、人工芝は撤去された。ランオフエリアは縁石と同じ高さになっているが、コース端から1.6メートルの位置にセンサーを設置、マシンの4輪すべてがコースから外れると検知される。

 また、ターン6とターン7の古い“ソーセージ縁石”は50ミリの高さのスチール製の“アブダビスタイル”の縁石に変更された。

[オートスポーツweb ]

最終更新:7月22日(金)8時50分

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]