ここから本文です

ハミルトンが単独クラッシュ! 波乱のFP2はロズベルグが唯一の1分20秒台へ

オートスポーツweb 7月22日(金)23時59分配信

 2016年F1第11戦ハンガリーGPは、7月22日にフリー走行2回目が行われた。気温26度、路面温度43度、湿度は58%。完全ドライコンディションのなか、トップタイムを記録したのはメルセデスのニコ・ロズベルグ。1回目トップのルイス・ハミルトンはスピンを喫して単独クラッシュ、セッションを途中で終えている。

ハミルトンが認めるレッドブルのアドバンテージとは? 

 セッション開始後、ハースやマノー勢とそろってコースインしたのはフェラーリの2台。少し時間を置いてからロズベルグ、ハミルトンもソフトタイヤでのアタックを開始する。直後にセバスチャン・ベッテルが無線でギヤボックスに不具合を訴えたが、深刻なトラブルではなかったのか、そのままタイムを計測していく。

 15分経過後、思わぬ事態が起こる。それまでセクター1で全体ベストを出していたハミルトンが、ターン11のブレーキングで突如姿勢を乱し、横を向いたままランオフエリアを突っ切りサイドウォールに激突。これで赤旗中断となり、ハミルトンはスロー走行のままピットへ向かいマシンを降りる。

 マーシャルによる撤収作業が終わると、残り1時間8分のタイミングでセッション再開。ここでエンジン交換を行ったフェルナンド・アロンソが無事コースインを果たす。

 その後、上位勢はキミ・ライコネン、ロズベルグがスーパーソフトに履き替えてアタックを開始。ライコネンは自己ベストを更新しながらもタイムは3番手止まり。一方、ロズベルグは唯一の1分20秒台で、このセッションのベストタイムを記録する。

 レッドブルのダニエル・リカルド、マックス・フェルスタッペン、マクラーレンのアロンソ、ジェンソン・バトン、そしてフェラーリのベッテルはソフトのままだったが、セッションが折り返しを迎えると、レッドブルの2台はスーパーソフトに履き替え、リカルドが1分21秒030と2番手タイムを記録。チームメイトのフェルスタッペンも3番手で続く。

 その後ロズベルグはスーパーソフトからソフトという順でロングランを開始。残り40分を切ったところでベッテルがスーパーソフトに履き替え、レッドブルの2台に割って入り3番手につける。アロンソ、バトンもタイヤを履き替え、それぞれ7、8番手となり、1回目に続きトップ10内で終了している。

 セッション終盤、ザウバーのフェリペ・ナッセがターン2でスローダウンしマシンを降りる。また、トロロッソのカルロス・サインツJr.もターン1でスローダウン。マシン後部に問題を抱えていた模様で、そのままセッションを終えている。2回目から登場したルノーのケビン・マグヌッセンは17位、ハースのエステバン・グティエレスは11位で、ともにチームメイトを上回る順位で終えた。

 なお、ロングランではスーパーソフトでロズベルグが1分24~25秒台、フェルスタッペン、リカルドが1分25~26秒台というタイム差で走行している。どのように予選に向けて照準を合わせてくるのか、明日のハミルトンの走りも気になるところだ。

 フリー走行3回目は、7月22日(土)日本時間18時(現地11時)から開始される。

[オートスポーツweb ]

最終更新:7月23日(土)0時0分

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]