ここから本文です

細田守監督、宮崎あおいと別れがたくて「OK」出せず…収録秘話を語る

クランクイン! 7/22(金) 11:30配信

 昨年の夏、大ヒットを記録したアニメーション映画『バケモノの子』が、7月22日、21時より『金曜ロードSHOW!』(日本テレビ系)にて放送時間を25分拡大し、ノーカット版でテレビ初放送される。これを記念して、本作のメガホンを取った細田守監督と、主人公・九太(蓮)の幼少期の声を務めた宮崎あおいがインタビューに応じた。

【関連】「宮崎あおい」フォトギャラリー


 『時をかける少女』『サマーウォーズ』『おおかみこどもの雨と雪』などで知られる細田監督が手掛けた本作は、第39回日本アカデミー賞、最優秀アニメーション作品賞を獲得し、2015年公開の邦画興行収入第1位を記録した話題作。ひょんなことから人間界(東京・渋谷)とバケモノ界(渋天街)を行き来することになった孤独な少年・九太(人間界では蓮)と、荒くれ者のバケモノ・熊徹との一風変わった師弟関係を描く。

 『おおかみこどもの雨と雪』に続いて細田監督からオファーを受けた宮崎は、「吹き替えは、私にとって一番難しいお仕事。手探りというか、試行錯誤の連続ですね。前日は緊張し過ぎて眠れないし、現場に入ってからも1時間くらい変な汗が止まらない」と告白。それでも、少しずつ現場の空気に馴染んでくると「楽しくなる」という宮崎は、役所広司演じる熊徹とやり合うシーンで相当テンションが上がったという。「普段のお芝居では、『ばかやろう!』とか『こっちに来んじゃねぇ!』とか、役所さんに絶対言えないことを九太だと言えるので、そこは面白かったですね」とニッコリ。

 そんな宮崎の声に魅了されたという細田監督は、「お客様に主人公を安心して観てもらうためには『信用できる声』がなくてはいけないのですが、その声を裏付ける『気持ち』もなければならない。その両方を持っている人は希少な存在だと思うんですが、あおいさんはその中の重要な1人」と太鼓判を押す。


 これに対して宮崎は、「恐縮です」と一礼しながらも、「細田さんは、基本的に褒めて伸ばすタイプなんですが、心の中にこだわりというか、いい意味での“毒”みたいなものがあって、急にスイッチが変わって、『あれ?今、私、怒られてるのかな?』っていう瞬間があるんです。本作ではなかったですが、『おおかみこどもの雨と雪』のラストで私が泣くシーンでの演出は今でも忘れられない」と笑顔で振り返る。

 すると細田監督は、「最後はやっぱり別れ難いんですよね。あおいさんに関しては優秀なので、ほとんど1テイクか、2テイクでOKを出しちゃうんです。でも、最後にすぐOKを出しちゃうと、このまま終わっちゃうじゃないですか。『はい、お疲れ様!』といって、そのうち記憶から消されちゃうのも嫌だなぁと思って。あおいさんには正直、自分をちょっと印象づけたいなっていう思いもありましたね」と、照れ笑いを浮かべながら真意を明かした。

 宮崎をはじめ、役所、大泉洋、リリー・フランキーなど、個性の強い役者をキャストに選ぶのは、あくまでも細田監督の“声”へのこだわり。「自分が描いている人物に近い方を求めるんです。声質とか、何でもできる器用な方とかではなく、そこで描かれている人物と人間性が近い方にお願いしたくなる」と吐露。「アニメーションなんて、数年かけてひたすら絵を描いている、言ってみれば雲をつかむ仕事じゃないですか。でも、キャスティングの時にやっとその人物に会えた気がするんですよ」と声を弾ませていた。

 心躍るストーリーや圧倒される風景描写はもちろんのこと、個性豊かなキャラクターの“声”にも是非注目して放送を見て欲しい。(取材・文・写真:坂田正樹)

 映画『バケモノの子』は『金曜ロードSHOW!』(日本テレビ系)にて7月22日、21時から放送。

最終更新:7/22(金) 11:30

クランクイン!