ここから本文です

菅田将暉は“格好悪いこと”をやりきる俳優 『セトウツミ』監督が語る

クランクイン! 7/22(金) 11:07配信

 菅田将暉と池松壮亮のW主演による、ほぼ全編“しゃべるだけ”の青春映画『セトウツミ』の座談会が21日に行われ、本作でメガホンを取った大森立嗣監督、クイック・ジャパン編集長の続木順平、映画ライターの森直人が登壇した。大森監督は「池松くんの方が上手。菅田くんは同じことが2回できない」と2人の俳優を比較しつつも、「でも、俺はできない俳優がすごい好き。菅田くんはあの齢で珍しく、格好悪いこと、みっともないことをやりきっちゃう。そういう面白さがある。瞬発力というか感受性はすごい」と菅田を分析していた。

【関連】菅田将暉&池松壮亮が登壇『セトウツミ』完成披露試写会<フォトギャラリー>


 本作は此元和津也による同名コミックを原作に、関西の男子高校生・瀬戸(菅田)と内海(池松)が放課後に河原でひたすら無駄話をする姿を描く。与太話の狭間に、複雑な親子関係や恋愛による三角関係など、10代特有のセンチメンタルなやりきれなさも映し出している。

 「この映画、ある種BLっぽいのかもしれませんね」と森が切り出すと、大森監督は「ラストのミルクティのシーンは池松くんのアドリブだった」と明かし、「なぜか2つ、池松くんが用意していて、菅田くんがびっくりして、俺もびっくりみたいな」と述懐。続木は「あれ、究極の笑いというか、無言で笑わせるっていうのがすごいですね」と称賛していた。

 瀬戸と内海を遠くから見守る女子高生・樫村一期役を演じた中条あやみのことを「すごいかわいい」と続木が絶賛すると、大森監督は「かわいいから選んだようなもんですからね」と笑いを誘う。さらに大森監督は「芝居はこれからですね。でも、大物感があるような気がします。きれいな顔なのにフランクなんですよ。大阪の天王寺の子ですからね」と、その魅力を語っていた。

 映画『セトウツミ』は現在、新宿ピカデリーほかで公開中。

最終更新:7/22(金) 11:07

クランクイン!

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]