ここから本文です

「忍者ハットリくん」参上 氷見市が着ぐるみ製作

北日本新聞 7月22日(金)19時46分配信

 山を飛び谷を越え参上-。氷見市は22日、市出身の漫画家・藤子不二雄(A)さんの人気キャラクター「忍者ハットリくん」の着ぐるみを潮風ギャラリー(同市中央町)などで披露した。藤子スタジオ(東京)の監修で初めて制作。早速、南大町保育園の年長児24人が訪れ、記念撮影を楽しんだ。

 着ぐるみが登場し、「ニンニン」ポーズをすると、園児たちは歓声を上げて喜んだ。「ハットリくんに会えてうれしい」「鬼ごっこやかけっこをして遊びたい」と笑みを見せた。

 JR氷見駅では、ホームで「忍者ハットリくん列車」との記念撮影もあった。園児や、JR氷見線の列車について調べている氷見市西條中1年の生徒6人もカメラに納まった。佐藤瑚々さんは「キャラクターは見て楽しい。氷見をPRしてほしい」と話した。

北日本新聞社

最終更新:8月12日(金)13時22分

北日本新聞