ここから本文です

「大暑」も元気に水遊び 石川県など梅雨明け、夏本番

北國新聞社 7/22(金) 15:07配信

 二十四節気の一つで、一年で最も暑いとされる「大暑」の22日、新潟地方気象台は石川県など北陸地方が梅雨明けしたとみられると発表した。平年より2日、昨年より3日早かった。

 北陸の梅雨入りが発表された6月13日から7月21日までの降水量は、金沢304・0ミリで平年の9割ほど、輪島は232・0ミリで平年の7割ほどだった。

 22日の県内は晴れまたは曇りとなり、正午までの最高気温は羽咋28・6度、金沢28・1度、輪島27・6度などで7月中旬並みだった。

 金沢市の公園6カ所では、幼児用プールの利用が始まった。同市四十万町の「四十万きずな広場」では、親子が水の深さが30センチほどのプールに入り、水遊びを楽しんだ。8月12日まで利用できる。

北國新聞社

最終更新:7/22(金) 15:32

北國新聞社