ここから本文です

“全てジャムのせいだ”…アメリカ2部ミネソタ、所属GKのミスをネタに

SOCCER KING 7月22日(金)13時4分配信

 事実上のアメリカ2部リーグとなるNASL(北米サッカーリーグ)の選手が犯したミスが話題となっている。20日付けのイギリス紙『テレグラフ』が報じた。

 NASLのミネソタ・ユナイテッドは20日、プレミアリーグのボーンマスと親善試合を行った。0ー4と完敗を喫した同試合の2失点目は、ミネソタ・ユナイテッドの選手による信じられないミスが原因だった。

 ミスをしたのはスタメン出場していた同クラブのカメルーン代表GKサミー・エンジョックだ。相手のロングボールが自陣エリア内に流れてくると、これを難なくキャッチ。ところが、右手でDFへパスを送ろうとした際にコントロールを誤り、ボールは自軍のゴールマウスへ転がっていく。必死に追いかけたエンジョックだったが間に合わず、ボールはネットを揺らしてしまった。

 まさかのミスも響いて敗北を喫したミネソタ・ユナイテッドだったが、21日に公式Youtubeを更新し、エンジョックのプレーをネタにする動画を公開している。

 動画では、ボーンマスとの一戦を前にロッカールームでミーティングを行う選手たちの姿が映し出される。これに参加しているエンジョックは、コーチの話を聞きつつパンにイチゴジャムを塗り、サンドにしてこれを頬張った。食べ終わった同選手のグローブには大量のジャムが付着しており、これがミスを招いたと原因が明かされている。

 クラブの選手の信じられないミスを、“アメリカンジョーク”で笑い飛ばしたミネソタ・ユナイテッド。通常では考えられないユーモアのある対応が、嫌な空気を帳消しにした。

SOCCER KING

最終更新:7月22日(金)19時51分

SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。