ここから本文です

天皇杯、2大会連続で『GIANT KILLING』がビジュアルに…椿大介が登場

SOCCER KING 7月22日(金)16時38分配信

 日本サッカー協会(JFA)は22日、8月27日に開幕する「第96回天皇杯全日本サッカー選手権大会」のメインビジュアルが決定したと発表した。同ビジュアルには前回大会に続き、週刊『モーニング』(講談社)で連載中の人気サッカー漫画 『GIANT KILLING』が登場。ETU(イースト・トーキョー・ユナイテッド)の要である椿大介選手を起用したと発表した。

 同ビジュアルには、椿選手が天皇杯公式試合球を持っている姿が描かれている。前回大会に引き続き、「一発勝負のカップ戦である天皇杯の醍醐味といえる『ジャイアントキリング』が、この漫画のコンセプトと合致」したと説明されている。作者であるツジトモ氏による描き下ろしイラストは、ポスター・チラシのほか、大会公式プログラムの表紙等で使用される。

 今大会は全88チームが参加し、8月27日と28日に行われる1回戦ではJ2リーグ22チーム、都道府県代表47チーム、シードチーム(関西学院大学)、J1のジュビロ磐田とアビスパ福岡を加えた72チームが出場する。

 9月3日と7日に行われる2回戦では上記2チーム以外のJ1所属チームが登場し、今シーズンのAFCチャンピオンズリーグに参戦したサンフレッチェ広島、ガンバ大阪、浦和レッズ、FC東京は11月12日開催のラウンド16(4回戦)から出場。G大阪は大会2連覇中で、史上初の3連覇に挑む。

 ベスト8以降は年末の試合開催となり、準々決勝が12月24日、準決勝が同29日の予定。そして決勝は2017年1月1日、市立吹田サッカースタジアムにて行われる予定となっている。

SOCCER KING

最終更新:7月22日(金)16時38分

SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]