ここから本文です

4年半所属の水戸から松本へ…今季9発のFW三島康平、完全移籍決定

SOCCER KING 7月22日(金)17時8分配信

 水戸ホーリーホックのFW三島康平が松本山雅FCへ完全移籍で加入することが決まった。22日に両クラブが発表した。松本での背番号は「39」に決まった。

 三島は1987年生まれの29歳。2010年に駒澤大学からヴィッセル神戸に加入し、2012年からは水戸でプレーしている。今シーズンは明治安田生命J2リーグ第24節終了時点で23試合出場、チームトップの9ゴールを記録している。

 移籍にあたり、三島は水戸に対して以下のようにコメントしている。

「松本山雅FCに移籍することを決断しました。シーズンの途中でチームを離れることを本当に申し訳なく思っています。チームのことやサポーターの皆さんのこと、多くのことを考えて最後まで悩んだのですが、松本山雅FCでチャレンジすることを決めました」

「4年半過ごし大好きになった水戸、チーム、お世話になった人達、そしてサポーターの皆さんと離れることはとても寂しく思っていますし、本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです。自分は間違いなく水戸ホーリーホックで成長することができました。沼田社長をはじめ西ヶ谷監督、コーチ、スタッフ、チームメイト、ホーリーホックに関わる全ての方々に、そしてサポーターの皆さんには感謝の気持ちしかありません。サポーターの皆さんと一緒に喜び合えた瞬間は嬉しくて楽しくて、とても幸せな時間でした。水戸での多くの出会いに、そして多くの声援に心から感謝しております」

「日曜日の町田戦が水戸ホーリーホックの選手として戦う最後の試合になります。このような形で出て行く選手に対していろいろな気持ちがあるとは思いますが、最後にもう一度皆さんと喜びを分かち合えるよう全力で戦います。4年半本当にありがとうございました」

 移籍先の松本に対しては以下のようにコメントしている。

「水戸ホーリーホックから加入することになりました三島康平です。松本山雅FCの皆さまと共に戦えることをとても光栄に思っています。松本山雅FCの為に、そしてJ1昇格という強い気持ちをもって全力で戦いますので応援のほど、よろしくお願い致します」

 松本は明治安田生命J2リーグ第24節終了時点で14勝5分け5敗の勝ち点47で暫定2位。次節は24日、V・ファーレン長崎をホームに迎える。

 なお、三島は24日に行われる水戸とFC町田ゼルビアの一戦を終えた後、松本に合流する予定となっている。

SOCCER KING

最終更新:7月22日(金)17時8分

SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。