ここから本文です

なでしこ、スウェーデンに完敗…高倉新監督3戦目も初白星ならず

ゲキサカ 7月22日(金)0時57分配信

[7.21 国際親善試合 スウェーデン女子3-0日本女子]

 日本女子代表(なでしこジャパン)は21日、スウェーデンのグルドフォーゲルン・アレナでスウェーデン女子代表と国際親善試合を行い、0-3で敗れた。なでしこは24日にもスウェーデン女子リーグのクリスティアンスタッドと親善試合を行う。

 先月のアメリカ遠征に続き、今月はスウェーデン遠征を行うなでしこジャパン。メンバーはFW岩渕真奈がチーム事情のために外れるなどしたが、MF京川舞ら新戦力も加わった。新生なでしこが、アメリカ遠征では飾れなかった高倉麻子監督の初勝利を目指した。

 なでしこジャパンのシステムは4-1-4-1を採用。GK山下杏也加にDFラインは右からDF有吉佐織、DF川村優理、DF村松智子、MF宇津木瑠美。DF熊谷紗希をアンカーに、MFは右からDF佐々木繭、MF中里優、MF阪口夢穂、FW永里優季。そして1トップでMF増矢理花が先発した。

 チーム作りの途上にあるなでしこは、やはりリオデジャネイロ五輪出場に向け調整を続ける相手には押し込まれてしまう。ならばと前半32分に見せたCKからのトリックプレーも、最後の増矢のシュートは枠右に外れていった。

 何とかスコアレスで折り返した後半もなかなかリズムが作れない。なでしこは後半11分に一枚目のカードとして永里を下げてFW有町紗央里を、同24分には宇津木に代えてFW横山久美を投入し、何とか盛り返そうとするが、試合のペースはスウェーデンに握られたままだった。

 すると後半31分、スウェーデンに左サイドからの崩しを許しクロスを入れられると、FWコソバレ・アスラニの縦パスからFWロッタ・シュリンに決められて先制。同41分には鮮やかなカウンターからFWフリドリーナ・ロルフォがゴールネットを揺らされる。

 同アディショナルタイムにも浮き球でゴール前に抜け出したMFオリビア・スウォーにダメ押し点を蹴り込まれたなでしこ。リオデジャネイロ五輪で初のメダルを目指すスウェーデンに完敗した。

最終更新:7月22日(金)1時8分

ゲキサカ