ここから本文です

川崎Fが“在籍10年”MF田中碧のトップ昇格内定を発表

ゲキサカ 7月22日(金)15時35分配信

 川崎フロンターレは22日、川崎フロンターレU-18に在籍するMF田中碧の昇格内定を発表した。今季の2種登録も完了している。

 小学校3年生だった2007年から川崎Fの下部組織でプレーするという田中は、今季で“在籍10年目”。2014年にはU-16日本代表にも選出されたことのあるMFが、トップチームへの昇格を勝ち取った。

 田中はクラブを通じ「人生の半分以上を過ごしてきた川崎フロンターレでプロサッカー選手になれることが素直にうれしく思います」と喜びを語ると、「まだまだ足りないところだらけの自分ですが、気持ちを全面に出して戦うことが持ち味だと思うので、自分の良さを出して1年目からレギュラー争いに加われるように日々努力したいと思います。そして将来はここまで育ててもらった川崎フロンターレに恩返しできるような、看板選手になれるように頑張っていきたいと思います」と意気込みを語った。

最終更新:7月22日(金)15時35分

ゲキサカ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。