ここから本文です

巨人・山口が筒香にサヨナラ被弾 首脳陣は攻め方に疑問

東スポWeb 7月23日(土)0時38分配信

 巨人は22日のDeNA戦(横浜)で終盤に追いつき、延長戦に持ち込んだが、最後は鉄腕リリーバーが力尽き、2―3でサヨナラ負けを喫した。延長12回に5番手として登板した巨人・山口鉄也投手(32)が、筒香にフルカウントから痛恨のサヨナラ本塁打を被弾。山口は試合後、険しい表情で「一人でぶち壊して申し訳ないです」と肩を落とした。

 一方で首脳陣は山口の筒香に対する攻め方に疑問を投げかけた。尾花投手コーチが「勝負したのは当然だとは思うが、どういうふうに勝負したのかが問題。ボールゾーンでいくのかとか…」と口にすれば、村田真ヘッドコーチも「ぐっさん(山口)が四球でもいいと思って投げたのか、明日(23日)聞こうと思っている」と山口本人に“事情聴取”する考えを明かした。

最終更新:7月23日(土)0時38分

東スポWeb

スポーツナビ 野球情報