ここから本文です

歌うと「選挙ポスター風の顔」になる曲判明! “これっくらいの~” プロが明かす「企業秘密」

withnews 7月24日(日)7時0分配信

 「頼もしい」「実行力がある」「誠実」…。こんな印象を打ち出したいとき、みなさんはどうやって写真を撮りますか?自分を印象づけ、好感を持ってもらうために、イメージがとっても重要な選挙ポスターの写真。プロは何を意識して、どんなふうに写真を撮っているのでしょう。大阪・心斎橋にある写真スタジオ「スタジオクライム」の藤田啓二カメラマンを訪ねてみると、定番ポーズが出来上がるまでの舞台裏や、好感を持たれる写真選びの〝心得〟が見えてきました。(朝日新聞大阪本社生活文化部記者・松本紗知)

【フォトギャラリー】「初体験は18の夏がいい」 意表を突く投票呼びかけポスター

テスト撮影で服選び

 スタジオクライムでは、市町村議を中心に、首長や国会議員の選挙ポスター写真を手がけてきました。半数は初めて立候補する候補者で、服装や髪形、ポーズまで、アドバイスをしながら撮影を進めていきます。

 まずは服装を選びます。服は多めに持ってきてもらい、何着か着替えながら、テスト撮影をして、写真写りを確かめます。

顔のシミは貫禄

 ヘアメイクも、スタジオのスタッフが担当します。

「女性のメイクは、実際の印象と大きく変わらないように。男性は肌の調子を見ながらファンデーションを塗ることもありますが、ちょっとしたシミは貫禄のうち。消してしまうと薄っぺらい人間に見えてしまう」

 ちなみに撮影後の写真の修整も、突発的なニキビや傷以外は、ほとんどしないようにしているそう。

 こうして撮影の準備を整えた候補者は、キリッと自信がみなぎり、来店時とは表情も違って見えます。

 いよいよ撮影。脚立も使いながら、バストアップ、全身、ガッツポーズなど、様々なカットを撮影していきます。

あの歌で、あの写真・・・

 ところで、選挙のポスターやパンフレットでよく目にする、「有権者に語りかけている風」の写真。実は、誰もが知っている「ある歌」を歌いながら撮っているんだそう。スタジオマネジャーのCHiCOさんが、〝企業秘密〟を明かしてくれました。

 「カメラの前に立つ候補者に、私のまねをしてください、と言って、『これっくらいの~おべんとばこに~』と、手遊びをするんです」

 みなさんも一度は聞いたことがありますよね、「おべんとうばこのうた」。

 「最初は皆さん『え??』ってびっくりされるんですけど、2~3回繰り返すと、昔の記憶がよみがえってきて、いい表情が引き出せます」

 そんな舞台裏があったとは。「おべんとうばこのうた」を脳内再生しながら見ると、写真のイメージがだいぶ変わりますね。

1/2ページ

最終更新:7月24日(日)12時0分

withnews