ここから本文です

北朝鮮で軍事訓練が増加 燃料の入手経路に疑問

聯合ニュース 7月23日(土)9時0分配信

【ソウル聯合ニュース】国連安全保障理事会の対北朝鮮制裁決議により、軍事燃料が不足しているはずの北朝鮮で戦闘機やホバークラフト、潜水艦などの訓練回数が最近になって大幅に増えているもようだ。韓国の政府消息筋が23日、伝えた。

 消息筋は訓練が最近大きく増えているとした上で、「訓練回数が少なかった昨年より1.5~2倍程度増えたと分析している」と説明した。

 また「戦闘機などの航空機の訓練回数も昨年より増えた」とした上で、「対北制裁で航空燃料の北への輸出が禁止されているにもかかわらず、昨年より訓練を増やしたことから、備蓄油を使っているものとみられる」と話した。

 さらに「北が最近になって燃料の消費が激しい軍事訓練を増やしたのは、国際社会の対北制裁に影響を受けていないという一種の金正恩(キム・ジョンウン)式の心理戦である可能性もある」と指摘。その上で、「あるいは軍事燃料を持続的に北に運び入れる経路があることを示唆している」との見解を伝えた。

最終更新:7月23日(土)21時39分

聯合ニュース