ここから本文です

本広克行監督らのオムニバス作「Anniversary」5つの物語が紡ぐ感動の予告編公開

映画.com 7月23日(土)10時0分配信

 [映画.com ニュース] 本広克行をはじめとする5人の監督が手がけたオムニバス作「Anniversary アニバーサリー」の予告編が公開された。

【動画】「Anniversary アニバーサリー」予告編

 同作は、「記念日(アニバーサリー)」をテーマに5つの物語を紡ぐ。本広監督(「生日快樂十分幸福」)、佐々木敦規監督(「ハッピーバースデー」)、高橋栄樹監督(「記念日が行方不明」)、萩原健太郎監督(「五十年目のシンデレラ」)、森谷雄監督(「♯地上300mのタダオ」)の5人が、恋人や親子、夫婦、友人などそれぞれの記念日を描き、最後には5つの物語がつながっていく構成だ。

 予告編は、「人は祝う生きものである」というナレーションから始まる。5つの物語の主人公たちが、笑い、涙しながらそれぞれの“記念日”を作り上げていく。やさぐれた風貌の男に扮した若葉竜也におどけて見せる鈴木福、自分の死ぬ日を知ってしまい動揺する伊藤万理華(「乃木坂46」)、涙ながらに妻に秘密を告白する中村嘉葎雄、入山法子に大声でプロポーズする淵上泰史らの姿が映し出され、感動のラストへの期待が高まる仕上がりになっている。

 「Anniversary アニバーサリー」は、クマ型ブロックタイプのフィギュア「BE@RBRICK(ベアブリック)」で知られるメディコム・トイの設立20周年を記念して製作された。10月22日から東京・新宿バルト9ほか全国で順次公開。

最終更新:7月23日(土)10時0分

映画.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。