ここから本文です

<鈴木亮平>柔道・松本薫選手に憧れ 「あの集中力欲しい」

まんたんウェブ 7月23日(土)14時47分配信

 俳優の鈴木亮平さんが23日、東京都内で行われた「三菱電機 東京2020オリンピック・パラリンピック」の新CM発表会に登場した。鈴木さんは、今夏、開催されるリオデジャネイロ五輪の注目選手を聞かれ、日本女子柔道の松本薫(まつもと・かおり)選手の名を挙げ、「僕も、あの集中力が欲しいです」と、羨望(せんぼう)のまなざしで語った。

【写真特集】鈴木亮平がバスケのシュートモーショーンを披露 新CMのシーン写真も

 鈴木さんは「テレビで見たのですが、(松本選手は)普段、可愛らしい女性なのに、試合へのモチベーションの作り方が素晴らしい」と話し、「松本選手は、(試合の)1カ月前に女性であることを忘れて、縄文時代の狩りをする男だと思い込むらしいです。1週間前からは、自分が男性か女性かも忘れて、動物になって、動物と一体化した気持ちになって勝ちたいという本能を研ぎ澄ましていくらしいです」と熱く語った。

 また、鈴木さんは「理想の体」について聞かれ、「理想ではないのですが、体操選手のグレープフルーツのような肩の三角筋がすごいと思います。男として憧れます」といい、「(もし体操選手役のオファーが来たら)2年いただければ(三角筋を)作りたいと思います」と自信をのぞかせた。

 さらに、思い出に残る五輪大会については「ロンドン五輪の開会式」と言い、「ジェームス・ボンドが登場したり、映画好きにはたまらなかったですし、俳優がああいう形で、オリンピックに関われるんだって勇気をもらえた。自分たちの仕事は、世界にその国のイメージを伝えることに、なり得るんだと実感しました。東京オリンピックの開会式も楽しみです」と笑顔を見せた。

 同日行われた会見では、鈴木さんが「三菱電機」の「東京2020オリンピック・パラリンピック」に向けた新CMに出演することも発表された。第1弾となる「登場」編は、「ひとつ上の自分へ」をテーマに、鈴木さんの「本当の豊かさって、ものだけじゃなく、可能性にあふれていることだと僕は思う」というナレーションとともに、鈴木さんが高層ビルのエレベーターから東京の町並みを見わたす……という展開。ナレーションは、鈴木さんが英語に挑戦したバージョンもある。CMは29日から放送。

最終更新:7月23日(土)17時38分

まんたんウェブ