ここから本文です

「オーナーっぽい社名にしたくない」サイバーエージェントの社名由来が深い

ITmedia PC USER 7月23日(土)6時10分配信

 なぜその名前がついたのか、ITニャンコ隊がブランド名や社名の由来を調べて紹介する“由来探訪記”。

【藤田晋のブログで明かされた社名の由来】

 今回は「サイバーエージェント」の社名の由来について紹介します。

 インターネット広告代理店事業を主とし、Ameba(アメーバブログ)の関連事業で有名なサイバーエージェント。名前の由来にはさまざまなうわさが飛び交っていましたが、これについて創業者本人(藤田晋氏)がアメブロの中で回答しています。

 藤田氏の出身は福井県の鯖江市ですが「故郷への恩返しの気持ちを社名にこめた」というのはどうやら違うようです。「設立日がサイバーの日(3月18日)だった」これも藤田氏は否定しています。

 藤田氏は従業員、株主、社会、みんなのものである公共性の高い会社を創りたいと思っていたため「フジタエージェント」など、オーナーっぽい社名にはしたくなかったそうです。社名に個人的な思い入れはなく、サイバーエージェントという社名は専務の日高氏が名付たとのこと。

 次回もブランド名や社名の由来を紹介するので、お楽しみに!

最終更新:7月23日(土)6時10分

ITmedia PC USER