ここから本文です

[大弦小弦]22日夕刻、東京の友人から電話があった…

沖縄タイムス 7月23日(土)5時0分配信

 22日夕刻、東京の友人から電話があった。話題はスマートフォン向けゲーム「ポケモンGO(ゴー)」をダウンロードしたという。別の国の話を聞くようだった。立て込んでいるという旨を告げ、手短に切った
▼同じ日に沖縄では、名護市辺野古への新基地建設を巡り、国が違法確認訴訟を提起し、県との裁判闘争が始まった。東村高江では早朝から、住民が反対するヘリパッド(着陸帯)建設に着手した
▼翁長雄志知事は、国が違法確認訴訟を提起したことを「普天間飛行場の県外を求める民意が示されているのに、強行に新基地建設を進めることは民主主義国家のあるべき姿からはほど遠い」と厳しく批判した
▼高江では一部道路が封鎖され、数百人規模の機動隊員が着工を阻止しようとする市民らを排除し、車両などを撤去した。屈強な機動隊員と市民が激しくもみ合い、けが人も出た
▼本紙は同日午前、訴訟と高江工事着工を報じる号外を発行した。両面とも1面扱いという異例の構成になった。受け取る人々も「許せない」「ワジワジーする」と口々に語り、怒りは広がっている
▼「ポケモンGO(ゴー)」配信の熱狂ぶりはニュースやワイドショーで盛んに取り上げられた。沖縄ではバーチャル(仮想)の世界ではなく、県も住民も国家権力というモンスターと対峙(たいじ)している。(与那原良彦)

最終更新:7月23日(土)19時7分

沖縄タイムス