ここから本文です

12人観覧車閉じ込め 5時間後、はしごで救助 北谷・美浜

琉球新報 7月23日(土)5時1分配信

 【北谷】北谷町美浜の観覧車が22日午後2時すぎに止まり、3台のゴンドラに課外授業で訪れていた沖縄市の子ども6人を含む乗客12人が一時閉じ込められた。ニライ消防本部が車両5台で救助に当たった。午後7時すぎ、最後のゴンドラに閉じ込められていた4人が救出された。けが人はいない。
 乗客は、消防隊員が高さ約8メートルの3連はしごで順次救出した。最後の1台は地上約40メートルの高さで停止していたため、ゴンドラをワイヤロープで引き下げるなど救助に時間を要した。
 最後に救助された照屋瑠彩さん(9)は「ゴンドラの中は、暑くて怖かった」と話した。
 観覧車を管理する岡本製作所の高木徹沖縄営業所長は「利用者の期待に背いてしまい、おわびしたい。まずは原因解明に努める。営業再開はそれから考えたい」と話した。

琉球新報社

最終更新:7月23日(土)5時1分

琉球新報