ここから本文です

「オアシス」日本最後のライブを劇場上映!「シネ・ロック・フェス」で7月24日から

映画.com 7月23日(土)12時0分配信

 [映画.com ニュース] 英ロックバンド「オアシス」の2009年7月24日フジロック・フェスティバルのライブ映像が、「oasis FUJI ROCK FESTIVAL’09」のタイトルで、「シネ・ロック・フェスティバル 2016」で上映されることが決定した。同公演の7年後にあたる、7月24日から上映開始となる。

 ノエル&リアムのギャラガー兄弟を中心に91年に活動を開始したオアシスは、フルアルバム全7作が全英チャートで1位に輝くなど、英国を代表するロックバンドとして活躍したが、09年に兄ノエルが脱退したことを機に事実上解散。ノエル脱退の約1カ月前に行われた本公演が、日本での最後のライブとなった。また、本公演のセットリストは「ロックンロール・スター」「ライラ」「ザ・マスタープラン」「ドント・ルック・バック・イン・アンガー」など名曲の数々が盛り込まれている。

 “音楽映画の夏フェス”としてライブ映像や音楽ドキュメンタリーなどを上映する「シネ・ロック・フェスティバル 2016」は、東京・丸の内ピカデリー3で7月23~8月5日に開催。「oasis FUJI ROCK FESTIVAL’09」は同映画祭のヘッドライナー作品として、7月24~28日と8月1~5日に上映。上映開始時間は公式サイト(http://www.cinerockfes.com/schedule)で発表されている。

最終更新:7月23日(土)12時0分

映画.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。