ここから本文です

「疾風ロンド」阿部寛の新ビジュアル、予告に見つめ合う関ジャニ∞大倉&大島優子も

映画ナタリー 7月23日(土)10時0分配信

阿部寛主演作「疾風ロンド」の新ビジュアルが到着した。

本作は、東野圭吾の同名小説をNHK連続テレビ小説「あまちゃん」などの吉田照幸が実写化したミステリー。日本最大級のスキー場を舞台に、どこか頼りない研究員・栗林和幸が、研究所から盗まれた違法生物兵器の行方を追うさまを描き出す。阿部が栗林を演じ、スキー場のパトロール隊員・根津昇平に関ジャニ∞の大倉忠義が、スノーボード選手・瀬利千晶に大島優子が扮している。このたび到着したビジュアルには、スキーが下手なせいでけがをしてしまった栗林が、松葉杖を両手に目を見開くさまが捉えられた。

【この記事の関連画像をもっと見る】

なお現在公式サイトとYouTubeでは、予告編も公開中。この予告編は、生物兵器を盗み出し、スキー場のどこかに隠した犯人がトラックに轢かれてしまう場面からスタートする。兵器を探し出す任務を押し付けられた栗林だが、そのスキーの腕前は子供に「下手くそ」呼ばわりされるレベル。そこで根津と千晶に「人の命が懸かってるんです!」と協力を懇願する。そのほか映像では、ムロツヨシ演じる謎の男の姿や、根津と千晶が見つめ合う様子、スキーやスノーボードで雪の中を駆けるシーンなどを観ることができる。

「疾風ロンド」は11月26日より全国ロードショー。

最終更新:7月23日(土)10時0分

映画ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。