ここから本文です

「ONE PIECE FILM GOLD」33の国と地域で公開決定!ルフィが狙うは“金メダル”級ヒット

映画.com 7月23日(土)14時25分配信

 [映画.com ニュース] 尾田栄一郎氏の人気漫画「ONE PIECE」の劇場版最新作「ONE PIECE FILM GOLD」が7月23日、全国739スクリーンで公開された。ゲスト声優の満島ひかり、濱田岳、菜々緒、ケンドーコバヤシ、北大路欣也、レギュラー声優の田中真弓、中井和哉、岡村明美、山口勝平、平田広明、大谷育江、山口由里子、矢尾一樹、チョー、山路和弘、宮元宏彰監督が東京・銀座の丸の内TOEI1で舞台挨拶に立った。

【フォトギャラリー】この日の舞台挨拶、その他の写真はこちら

 この日は、同作が33の国と地域で公開されることが発表された。香港・マカオが7月28日、台湾が8月19日、タイとシンガポールが25日、ベトナムが26日、フィリピンが31日、インドネシアが9月7日、マレーシアが8日から公開で、フランス、ベルギー、イタリアイギリス、アメリカなど24の国と地域は調整中だという。

 満島は、ナミ役の岡村とともに参加したというアラブ首長国連邦(UAE)のアブダビで開催された、本作の「ゴールデンプレミア」について触れ「現地の人と一緒に映画を見たんですけど、ルフィが敵を倒すと会場中が立ち上がって『うおおお!』って言って。ギャグも通じていて、メンバーが変なことをするとみんながつっこんだり。悪魔の実の能力を出すと『フウー!』とか(笑)。みんな自由に好きなように見ていた」と、海外のファンの反応を興奮気味に語る。

 一方の岡村も、「現地の方は日本語のセリフをどんどん言ってくれる。『ナミ、おまえは俺の仲間だ』って向こうから言ってくれたから、仲間がここにもいるって感動した」とほほ笑むと、アブダビから駆けつけたというファンから「ナミさーん!」という熱狂的なラブコールが飛び交う。思わず満島が「ルフィが来てたら大変だったと思う」とこぼすと、ルフィ役の田中は「行きますよ!」と身を乗り出し、海外のイベントに意欲満々だった。さらに田中は、リオ五輪に絡めて「皆さまのお力でゴールドを取ります! 金メダルをいただきます!」とヒットを宣言した。

 前作に続き、尾田氏が総合プロデューサーを務める今作は、世界中の大富豪が集う世界政府公認の独立国家グラン・テゾーロに乗り込んだ麦わらの一味が、同国の支配者である“黄金帝”ことギルド・テゾーロと繰り広げるバトルを描く。

最終更新:7月23日(土)14時25分

映画.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。