ここから本文です

IPO投資、成功と失敗を分ける5つのポイントとは?

ZUU online 7/23(土) 11:10配信

2015年は郵政3社、2016年にはLINEと大型の有名企業が続き、投資家たちのIPO銘柄への関心は依然として高い状況だ。

上場前の公募段階で株式を取得できれば利益を得ることができる可能性が高く、美味しい投資手段だと思われがちだ。しかし、IPO銘柄だからといって必ずしも利益が出るわけではない。成功と失敗を分けるものは何か、実例を交えて説明していこう。

■IPO銘柄のセカンダリーは玄人の戦場?

上場する企業は、広く投資家に株式を買ってもらって資金調達をするのだが(公募)、この市場をプライマリーマーケットと呼び、この時の購入価格が公募価格となる。

その後、上場して最初につく値段が初値である。公募価格と初値との差益を狙って投資をするというのが、一般的なIPO投資だ。そのため、多くの人が公募段階で株式を取得しようと人気が出る。大抵の場合、公募で人気銘柄を当てることは難しく、上場後の高い値段で買うことを強いられる。

最近では、公募でIPOの利益を狙うのではなく、上場後のセカンダリー市場で利益を狙うIPO投資が盛んになっている。初値が数倍になった銘柄でも、上場後に2倍以上になることもある。その際は、銘柄選びが大きな利益に繋がっている。

例えば、最近でもインベスターズクラウド <1435> は初値の5倍、テラスカイ <3915> やロゼッタ <6182> は初値の3倍となっている。玄人の主戦場であることを知っておかなくてはならない。素人が何も知らずに手を出すと、痛い目を見ることになるため注意が必要だ。

■小型IPO銘柄の値動きはジェットコースター

上場後に公募価格を大きく上回る初値をつけても、その後半分以下まで株価が下がってしまうケースもある。

たとえば、ANAP <3189> の初値は公募価格の4倍以上まで上昇したものの、その後株価は5分の1になってしまった。このような例は少なくなく、ほかにも数多くの銘柄が上場後に暴落する、いわゆる上場ゴールを迎えてしまっている。

このような銘柄に共通しているのは、将来的に市場の伸びが難しそうな業界だったということだ。仮に公募段階での発行株数が少なく、初値が高騰したとしても、その後売りに押されて株価は大幅に下落する傾向がある。

マザーズやジャスダックといった新興市場に上場した株式の場合、初値は上がったものの、その後の人気のなさや業績への期待感の低さから、株価が伸び悩んだ典型的な例だと言える。

■成功と失敗を分ける5つの要素

過去の失敗例や成功例からの中には、IPO投資を成功させるための一定のルールがあることは確かだ。ここでは5つの要素を紹介しよう。

特に重要なのが、①「市場は東証マザーズであること」と、②「公募時点で発行株数が数十万株程度と少ないなど、人気の銘柄であること」だ。また、IPO銘柄の特徴としては、東証1部は値動きが重い銘柄、東証2部などは上記で述べた要素に当てはまる、人気の銘柄が上場しやすいことを合わせて覚えておこう。

これは言うまでもないが、③「新しく業績の伸びが期待できる業種であること」も要素に入る。たとえば、クラウド、ゲーム、民泊などのテーマ関連は注目していいだろう。

続いて、④「ベンチャーキャピタルの保有比率が低いこと」も大事だ。ベンチャーキャピタルは上場前の企業に投資をして、上場後に株式を売り抜けることで利益を出すことが多い。ベンチャーキャピタル保有比率が高めだと、初値が高かったとしても、その後大量に株式を売られることがあるのだ。

最後に、⑤「株価が高すぎないこと」も忘れてはいけない。結局のところ、初値が付いた後にその企業の株を買っていくのは個人投資家も多く、株価が高いとそれだけ多くの資金が必要になる。複数のIPO銘柄があった場合、100万円以上資金が必要な銘柄と30万円程度の資金で買える銘柄があれば、他の条件が同じならほとんどの投資家が後者を選択するはずだ。

アベノミクス以降、特に高まったIPOの人気は今後も続くだろう。IPOだからと闇雲に投資をするのではなく、個々の銘柄を見極めながら余裕資金でトライすることが大切だ。

谷山歩(たにやま あゆみ)
早稲田大学を卒業後、証券会社において証券ディーリング業務を経験。2級ファイナンシャルプランナー。ヤフーファイナンスの「投資の達人」においてコラムニストとしても活動。2015年には年間で「ベストパフォーマー賞」「勝率賞」において同時受賞。ネットマネーや日経マネーと言った経済雑誌での執筆活動も行う。個人ブログ「インカムライフ.com」を運営。

最終更新:7/23(土) 11:10

ZUU online

チャート

インベスターズクラウド1435
3670円、前日比-10円 - 12/8(木) 9:26

チャート

テラスカイ3915
4305円、前日比-35円 - 12/8(木) 9:27

チャート

ロゼッタ6182
1922円、前日比-7円 - 12/8(木) 9:26

なぜ今? 首相主導の働き方改革