ここから本文です

独走→失速→集中力 木戸愛、雪辱へ「1打」のリード

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO) 7月23日(土)17時31分配信

4年ぶりのタイトルへ前進だ――。「良いも悪いもあった1日でした」と苦笑いのラウンド。国内女子ツアー「センチュリー21レディス」の第2ラウンドを単独首位から出た木戸愛は、1イーグル3バーディ、3ボギー1ダブルボギーの「72」(パー72)としながら、通算6アンダーでその位置をキープ。3打のリードは1打に詰め寄られたが、「しっかり前を向いて、あしたも頑張りたい」とツアー通算2勝目へ意気込んだ。

長身美脚!木戸愛のフォトギャラリー

序盤は良い流れで、後続を突き放した。2番でバーディを先行すると、3番(パー5)では199ydを3UTでピンそば1mにつけて会心のイーグル。5番でも伸ばして通算10アンダーに乗せ、4ホールで4つ伸ばし一時は独走態勢を築いた。

一方で、悪い流れは「ちょっと風が強くなった」という中盤に突如やってきた。9番、10番(パー5)といずれもグリーンを外してボギー。「風がグルグル回っていて番手に悩んだ」11番では、140ydから8Iで打った2打目がグリーンを越えてOBとなり、痛恨のダブルボギーとした。12番(パー3)も2オン2パットのボギーとし、4ホールで5つ落とす急降下で、リードは1打に変わる。

それでも、今週のテーマの集中力は切らさなかった。17番では83ydからの2打目をピンそばに絡め、12ホールぶりのバーディ。失いかけていた首位の座を死守するとともに、しばらく続いた重い展開を断ち切った。

想定外の失速があったとはいえ、「たまにミスはあったけれど、状態としては良い」と引き続き好調を自負。「17番では大事な場面と分かりながら、セカンドショットのイメージも出た。あすも自分に自信を持ってやりたい」。1打差で敗れた前週の雪辱を果たす機会が、さっそく巡ってきた。(静岡県伊豆の国市/塚田達也)

最終更新:7月23日(土)17時31分

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]