ここから本文です

「世界一速い郵便配達を」Honda熊本レーシング手島雄介…ふみの日

レスポンス 7月23日(土)18時19分配信

7月23日「ふみの日」、東京・丸の内 KITTE イベントに、Honda熊本レーシング 手島雄介選手、津久井孝明総監督らが登壇。日本郵便が協賛するHonda熊本レーシングで鈴鹿8耐にかける想いを、ユニークなシャレを込めながら語った。

[関連写真]

日本郵便は、7月28~31日に鈴鹿で開催されるコカ・コーラ ゼロ鈴鹿8時間耐久ロードレース(2016 FIM世界耐久選手権シリーズ第3戦)に参戦する「Honda熊本レーシング」へ協賛することを7日に発表。「ふみの日」のイベントにあわせ、ホンダ幹部陣や手島選手をKITTEに招き、意気込みを伝えた。

手島選手は、「震災にあった熊本は、いまも被災している。工場もちょっとずつ復活してきているが、まだまだ被災している状態」と現状を伝え、熱い思いにシャレを込めてこう伝えた。

「熊本製作所の従業員もライダーも被災しているなか、日本郵便も熊本も『負けないぞ』という想いでコラボし戦っている。もうこうなったら、『世界一速い配達』を目指して、がんばりたい」

日本郵便は今回、鈴鹿8耐に挑むHonda熊本レーシングに協賛した理由について「鈴鹿8耐は、マシンの性能だけでなく、複数のライダーが1台のマシンを乗り継ぐことや、迅速で正確なピットワークなどチームワークがとても重要なレース。業務上、日ごろから安全運転に努め、正確でスピーディな配達を心がけていることから、親和性のあるこの歴史あるレースに賛同した」と伝えている。

同社横山邦男社長は、同イベントで「鈴鹿8耐にかけるHonda熊本レーシングを、われわれも全力で応援していきたい」と述べ、津久井孝明総監督(本田技研工業 熊本製作所 検査主任技師)、ホンダモーターサイクルジャパン 畠山隆治執行役員らと握手した。

《レスポンス 大野雅人》

最終更新:7月23日(土)18時32分

レスポンス