ここから本文です

巨人痛恨…エース菅野で負けた 筒香止められず首位・鯉と10差

デイリースポーツ 7月23日(土)7時0分配信

 「DeNA3-2巨人」(22日、横浜スタジアム)

 ひと振りで奈落の底に突き落とされた。ドローに望みを託した十二回、1死。巨人の5番手の山口が、筒香に痛恨のサヨナラ被弾。連勝が4で止まり、首位・広島とのゲーム差は「10」に開いてしまった。高橋由伸監督は「次の1点が取りきれなかったのが全て」と、厳しい表情を浮かべた。

 筒香ひとりにやられた。先発のエース菅野は7回2失点と力投したが、好調の4番を止められず。六回に27号ソロを浴びるなど、3安打2打点と勢いを加速させてしまった。

 菅野は「(筒香は)自分の中でセ・リーグナンバーワンの打者。でも、それを抑えるのが僕の役目」と悔やみ、指揮官も「悪くはなかったが、エースなので(相手の)4番を抑えてほしかった」と、注文を忘れなかった。

 ただ、敗戦の責任はわずか4安打の野手陣の方が大きい。同点の九回、十一回は得点圏に走者を進めながら、あと一本が出なかった。指揮官は「もう1点、取らないと…」と、ため息交じりに繰り返した。

最終更新:7月23日(土)7時31分

デイリースポーツ