ここから本文です

手島雄介選手が真夜中に運んだポケバイ5台、KITTEにズラリ 7月23-24日

レスポンス 7月23日(土)19時0分配信

日本郵便は、7月23日「ふみの日」、Honda 熊本レーシング協賛などを記念し、東京・丸の内のKITTEに、5台のポケバイを展示。同チームの手島雄介選手が「真夜中に運んだ」というこれらのポケバイは、それぞれ違った熊本カラーで、24日まで見ることができる。

[関連写真]

「展示されているポケバイは、昨日の夜中3時に僕が持ってきた。くまモンも乗っているので、ぜひ見にきてほしい。2日間のみの展示です」(手島選手)

この熊本カラーポケバイのベース車両は、『74Daijiro』(22万7000円~)。4インチが主流だったタイヤを6インチに拡大し、走行安定性を向上。溶接をいっさい使わない軽量でスタイリッシュなアルミプレスフレームを組み、スロットル開度を制限できるスロットルアジャストスクリューとマシンスタンドを標準装備したモデルだ。

この展示が終わると、こんどはコカ・コーラ ゼロ鈴鹿8時間耐久ロードレース(7月28~31日)の舞台、鈴鹿サーキットでポケバイが活躍。鈴鹿8耐期間中、サーキット内のレーシングシアター前広場で、キッズバイクに試乗できる「ぽすくまの親子バイク教室」が開催される。

「この親子バイク教室は、僕が発案した。僕がこの世界に入ったきっかけをくれたのが、10年前のポケバイだった。こうした乗り物で、交通安全の啓蒙活動と夢の選択肢を増やしたい。実際のエンジンを使った、こうしたコンテンツは珍しい。期待している」(手島選手)

《レスポンス 大野雅人》

最終更新:7月23日(土)19時0分

レスポンス