ここから本文です

川崎麻世、母との初共演に「人生の思い出」 実家の喫茶店で映画ロケ

デイリースポーツ 7月23日(土)10時26分配信

 タレント川崎麻世が23日、出演する映画「くらわんか」のロケが、大阪府枚方市にある実家の喫茶店「コハク」で行われたことをブログで明かした。この日は、川崎の実母も出演し“親子共演”映画となった。

 この日、川崎の出演はなかった。だが実家での撮影ということで「見学の為、車で東京からやって来てんで」といても立ってもいられなくなった。店内のカウンター越しの母と主演の青木玄徳の写真もアップ。「母の台詞と演技はなかなかで 俺もびっくりしたわ~」と太鼓判を押した。

 映画は浅草と枚方市を舞台にした作品。「母も地元が舞台の映画に出演 しかも親子初の共演となる!!映画になって残るなんて人生の思い出の一つやな」と感慨深そうな様子を見せていた。

最終更新:7月23日(土)13時35分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。