ここから本文です

郡山の猫カフェ営業開始 元アナウンサー香西さん 被災地で保護、飼い主探す

福島民報 7月23日(土)10時4分配信

 福島県郡山市田村町の元ふくしまFMアナウンサー香西知子さんは22日、自宅に東日本大震災と東京電力福島第一原発事故の被災地で保護した猫の新たな飼い主を探す保護猫カフェ「ここねこ」をオープンした。
 店内では、福島県大熊町などで保護された猫6匹と楽しく触れ合える。
 香西さんは取材を通し、被災地にはまだ保護が必要な猫がいるが受け入れ施設が飽和状態となっている現状を聞いた。猫好きなこともあり、新たな飼い主との出会いの場となるようなカフェの開設に踏み切った。復興の力になりたいという強い思いも背中を押した。
 改装資金には、インターネットを通じて資金を集めるクラウドファンディングを活用した。香西さんは「人懐っこい猫なので気軽に足を運んでほしい」と来場を呼び掛けている。
 料金は30分で大人500円、小学生300円。営業時間は正午から午後6時までで、火曜日が定休日。問い合わせは「ここねこ」 電話024(973)8522へ。

福島民報社

最終更新:7月23日(土)10時9分

福島民報